2020年11月6日

コロナ禍の大酉祭(酉の市)新宿花園神社

2020年11月2日、新宿花園神社で開催された「大酉祭(新宿酉の市)」へ行ってきました!

今年は三の酉まで。一の酉は11月1・2日、二の酉は13・14日、三の酉は25・26日です。
酉の市は、11月に鷲神社、酉の寺、大鳥神社など鷲や鳥にちなむ寺社の年中行事で、年末の風物詩となっています。

ご存じの通り、今年は新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、多くの行事が”新しい生活様式”で行われています。弊社スペーストラスト新宿営業課も例年とは違い、昼間に行ってまいりました。



上載の写真。例年通りの大酉祭の掲示ですが。。。
『熊手以外の露店無し 前夜祭・本祭ともに22時境内消灯』の但し書きがあります。

【入場口】


【出口専用】


人の流れが交差しないよう、入口・出口を分け一方通行になるよう工夫されていました。ソーシャルディスタンス対策もされ、入り口では検温・消毒もなされていました。

【賑わいを見せる境内】


飲食露店無しの昼間にも関わらず。熊手を求める人で境内は大いに賑わっていました。あちこちから『いょーおっ!カッカッカッ』と、三本締めの拍子木が鳴り響きます。



今年もめでたく千客万来・商売繁盛を祈って熊手を買わせていただきました。
例年と違いマスク姿で失礼させていただきます。

ついこないだまで夏のようでしたが、やはりこうした年中行事を行うと、又ひとつ年の瀬が近づいてきているように感じます。街でもクリスマスソングが流れ始めています。(毎回同じことを言いますが、今年も言います)

ビルオーナー様、テナント様皆様の商売繁盛を祈って~♪

三本締めで いょーおっ♪



新宿支店・天野

トラックバック(0) コメント(0) 

2020年4月9日

新型コロナウイルスに伴う行政からの支援融資制度のご紹介

東京都:緊急融資制度の創設(「新型コロナウイルス感染症対応緊急融資」)

・融資対象
次の要件を満たす中小企業者又は組合
新型コロナウイルス感染症により事業活動に影響を受けていること。
最近3か月の売上又は今後3か月の売上見込みが令和元年12月以前の直近同期比で5%以上減少していること。

・主な融資条件
資金使途 運転資金・設備資金
融資限度額 2億8千万円(無担保8千万円)
融資期間 運転資金10年以内(据置期間2年以内)
設備資金15年以内(据置期間3年以内)
融資利率 融資期間に応じて、1.7%~2.4%以内
(責任共有制度対象外の場合は1.5%~2.2%以内)
信用保証料 都が全額を補助

・受付場所
東京都中小企業制度融資取扱指定金融機関、東京信用保証協会各支店、東京都中小企業団体中央会、都内商工会議所、都内商工会、東京都商工会連合会、公益財団法人東京都中小企業振興公社、東京都各支庁産業課、東京都産業労働局金融部金融課

特別相談窓口(令和2年1月30日から設置)
東京都産業労働局金融部金融課(新宿区西新宿2-8-1都庁第一本庁舎19階北側)
電話03-5320-4877(平日9時00分~17時00分)
[参考]国は感染症への緊急対策として、中小企業信用保険法に基づくセーフティネット保証の特例措置を講じました。指定要件を満たす場合、一般の保証枠とは別枠の保証が利用可能となります。
*詳細は、東京都産業労働局金融部のホームページをご覧ください。
http://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/chushou/kinyu/yuushi/yuushi/

他にも厚生労働省において雇用調整助成金等利用できる助成金等がございます。
*詳細は、厚生労働省雇用調整助成金の案内のホームページをご覧ください。
https://www.mhlw.go.jp/content/000612660.pdf

新宿支店 谷尻

トラックバック(0) コメント(0) 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

タイトル:

コメント: